唐突にコピックでイラストが描きたくなったので

「RWBY」より、ペニー・ポレンディーナをコピックで着彩。

 

 

スポンサーリンク

使用したコピックは23色

 

肌・髪・リボン・瞳・服(袖やシャツ・スカート)部分的な箇所2色。

塗る箇所だけで言えば約10色ほど必要なキャラクターです。

 

私は23色使っているので、ひとつのパーツに対して2色以上使っている計算になります。

 

線画にはコピックマルチライナー

 

コピックマルチライナーのブラック。基本的に太めを使用。

 

メイン 0.1~0.3mm

縁取り 0.8mm

ベタ BM

 

マルチライナーのサイズは最小で0.03mmとかなり細いサイズから、最大で1.0mmと太めのサイズまで種類がたくさんあります。

そのためコピック用途以外にも漫画のペン入れに使えたり、普通のペンとしてかなり優秀です。

 

水で滲まないので、透明水彩もOKですよ!

 

ブラック以外にもセピア・グレイ・ピンク・コバルト…など色の種類も豊富です。

 

色紙はコピック用のもの

 

Tooのコピックペーパーセレクション色紙を使用しています。

 

コピックの発色がよく、下書きを消しゴムで消した時に毛羽が立ちません。

大色紙サイズは194円(税込)とちょっと高いのですが、しっかりとイラストを描きたい場合に適しています。

 

サイズ展開は大・中・寸松庵(小)の3サイズあります。

 

使用した色

 

基本色

肌 YR0000 YR000

髪 YR04 YR07

瞳 BG11 BG32

服 T2 W3 (BG11 YR07)

リボン RV11

ぼかし用 

 

上記の色(もしくはそれに近い番号)が公式に近い色かなーと。

服(スカート)は緑っぽい灰色なので、BG系でもよさそうです。

私は持ってなかったのでT2~T5を使用しています。

 

補助・グラデーション色

肌 BV000 E04

髪 R000 YR00 (BV000)

瞳 BG000 BG45 Y32 C1

睫毛 T5 R08

服 T5 W5 YR18 E35 (BV000)

 

更に濃い影色、薄めのベース色、補助としてのBV000。

 

色の使用箇所

全体

肌のベース色はYR0000。白目と鼻のハイライトを除いて全体的に塗っています。

頬紅にはYR0000とYR000を塗り重ねて表現。適度に0を使用してぼかし入れ。

肌の濃い影はE04で大胆に。

 

そして部分的にBV000を使用しています。

 

瞳の塗り

白目の影にC1。

瞳はベースにBG000を使用、なんとなくY32でグラデーション。

上部に濃い色を塗り重ねています。

 

睫毛は普段のCG塗りの再現。

 

仕上げに色鉛筆を使用

このイラストに関してはそんなに使用していませんが、見栄えがちょっとよくなるのでオススメです!

 

ペニーは頬にそばかすがあるので、色鉛筆で描いています。

通常のキャラクターであれば色鉛筆で頬紅を描くのもいいですね。やわらかい雰囲気になります。

 

失敗しないためのコツ

 

ムラやはみ出しが酷いですが、久々にコピックを使用したわりには大きな失敗はしませんでした。

理由としては本番に入る前に

 

  • 必要な色があるか
  • どのように塗るか
  • 単色・グラデーションしたときの確認

 

上記3点を試しています。

 

雑でいいので、一旦試し塗りをおすすめします。

特に瞳はどう塗るか何度も試しました。

 

行き当たりばったりでグラデーションを試すと大抵失敗します(経験談)

 

多少発色の違いが出ますが、コピー用紙などでOKです。

 

まとめ

 

以上が使用した色と画材です。

初期投資をすればずっと使えるデジタルと違って、画材はお金がかかってしまいます。ですが、手描きの楽しさはデジタルでは味わえないです。

 

そして何より1点物ということ!

 

同人即売会などで色紙を頒布したり、色紙コミッションなど開くのもいいですね。

 

コピックは単価が高いので、まずは単色で数本から初めてみるのもアリだと思いますよ!

スポンサーリンク
おすすめの記事