海外向けのイラストコミッションに慣れてきたので自分の経験を元にやり方を公開し、日本の絵描きさんにも海外向けにコミッションやってほしいなあと思い、ブログという形ではじめたんですが…。

 

案の定解説ばっかりでそれ以外に役立つようなこと全然書いてないですね!

 

解説のターン終わったら特に書くことないですね。

書くってそもそも絵描きなんだから描く方だろというツッコミはさておき。

 

スポンサーリンク

絵描きの武器!イラスト講座

 

絵を描ける事自体が武器なので絵描きのブログ=講座系・Tips系になる(というか期待される?)んですが、これは視野にいれてません。機会があればちょっと載せる予定ですが、メインにはならないです。

 

使用した画材やブラシ・素材などについては解説記事はいくつかつくる予定です。

 

 

イラスト講座をやらない理由

 

単純に技術力が足りてません。

 

講座に特化したものなら企業がやっていたり、プロの漫画家さんが基礎から描き方を公開しているものもあります。そして、Twitterに役立つ情報はたくさんある。(断片的ですが)

 

 

「いちあっぷ」は有名ですね。今のイラスト需要に合わせた講座やノウハウを更新されてるのでイラスト講座はこういうサイトを見るのがオススメです。

Pixivでもプロの講座がいくつかアップされています。

 

イラスト関連は昔に比べて情報がたくさん散らばってます。その中でそこそこ描ける程度の絵描きが講座!なんてやっちゃうと自分で自分の首を締めるようなものです…悲しい…。

 

講座は駄目でもメイキングはOK

 

講座とメイキング何が違うの?って思っちゃいますが、講座は人に技術を教えるもので、メイキングは完成するまでを淡々と解説しながら見せる。という解釈をしています。

 

興味があれば、ゼロから完成するまで淡々と見続けちゃいませんか、あれ。上手い下手とかプロとアマとか関係なしに。

イラストに限定せずとも完成するまでの過程って見てると楽しいし、結構勉強になります。

 

メイキングは「こうやって描いてるのかー」「こうやってつくってるのかー」って興味が沸くことがあるので絵を描く人は動画や配信を是非。

 

上記のイラストはiOSの「Procreate」で描いています。

 

 

有料ですがUIがシンプル、ブラシが多くて良いです。レイヤー回りは弱くて厚塗り向けかなという印象。

自動で動画を保存してくれるので楽ちん。

 

続いてお絵描き配信ならPixivSketchが手軽でいいですね。

 

 

起動してるソフト(クリスタやPhotoshopなど)を指定するだけで配信できるので、配信用のソフトは不要です。

 

オススメのメイキング動画

 

WLOPさん。

Pixivランカーなので知ってる方も多いと思います。すごすぎて参考にならない。

 

샬이 Shal.E氏。何がどうなってるんでしょう…。

藤ちょこさん。かわいい。

自分で公開するのも、人の作品を閲覧するのもどちらも楽しいですよ!

スポンサーリンク
おすすめの記事