WordPressでイラストサイトをつくるのは難しいと思われガチですが、WordPressプラグイン「FooGallery」を使うとめちゃくちゃ簡単です。

 

スポンサーリンク

画像追加してコードを生成するだけ

 

本当にこれだけです。生成したコードを固定ページなりブログ記事なり貼り付けるだけで、簡単にギャラリーがつくれます。

カスタマイズしなくても自動でサムネイルにしてくれるし、何も考えなくていい。

面倒くさがりな人に超オススメ。

 

私のサイトのポートフォリオはFooGalleryでつくってます。

 

 

FooGalleryの使い方

 

プラグインの導入からギャラリーを生成、表示するまでの基本的な使い方を説明します。

 

プラグインの導入方法

プラグインの新規追加から、FooGalleryを検索。

FooGallery – Image Gallery WordPress Plugin

FooBox Image Lightbox WordPress Plugin

の二つをインストールし、有効化します。

 

ギャラリーの作成方法

Add New Galleryでギャラリーの作成ページへ。

最低限必要な入力箇所はギャラリーのタイトル。

そして画像を追加するだけです。

サムネイルのサイズやギャラリーの順序も必要であれば変更します。

 

ギャラリーは複数つくれるのでオリジナルのみのギャラリーや、ファンアートのみのギャラリーなど内容ごとに管理できるのが利点です。

 

他に見た目やローディングエフェクトのカスタマイズが可能です。

 

ギャラリーを表示させる

Galleriesで作成したギャラリーの一覧を表示します。

ギャラリーごとにショートコードがありますので、それを置きたいページや記事にコピーペースト。

 

終わり。ね、簡単でしょう?

 

アルバム機能を使う

ExtensionsにあるFooGallery AlbumsActiveにします。

 

Add New Albumでアルバムを作成します。

ギャラリー作成と同様に、アルバムのタイトルと追加したいギャラリーを選択します。
右に表示されているコードか、Add New Album一覧で該当のアルバムのショートコードを使います。

 

画像の量が多かったり、カテゴリ別にまとめたいときに便利です。無料で使えます。

 

イラストや写真以外にも使える

 

同人的な使い方で言えば、新刊のサンプルをFooGalleryでつくってブログの記事に載せる。

WEB漫画を載せる。

など。工夫次第では色々活用できそうです。

 

ギャラリーの生成が楽なだけではなく、管理がしやすいのがこのプラグインの利点です。

 

ポートフォリオサイトをWordPressでつくりたい方は以下のテーマがおすすめです!

 

おすすめWordPressテーマ

スポンサーリンク
おすすめの記事